あなたは保険料で300万円も損してる事に気づいてますか?

あなたは、現在支払っている保険料の中で、300万円を無駄に支払っていますよと言われたらどんな気持ちになりますか?

は?そんなわけないじゃん。万が一の時の補償を受けるのに必要な保険料を支払っているだけなのに!

そんな気持ちになっているはずです。でも、とりあえず私のお話を最後まで聞いてほしいです。

最後には、きっと新しい気づきを発見し、あなたが感じている保険についての疑問や不安が解消されるはずです。

私自身は保険料の支払いを400万円節約出来ました

ちなみに、私自身は6年前の35歳の時に毎月の保険料の一部を無駄に捨てている事に気づき始め、結果的に毎月支払っていた保険料を29,000円から15,000円に減らす事が出来ました。

1ヶ月14,000円×12ヶ月=168,000円

年間168,000円×25年間=4,200,000円

結果的に、25年間で420万円の損失をSTOPする事が出来たのです。

私が保険料を400万円節約した理由

私が400万円も節約した理由は、私自身が保険について勉強していく中で、一部の保険料の無駄使いに気づき、「もし無駄に捨てているお金があるなら、将来生まれてくる我が子の教育費の為に1円でも多く貯めておきたい」と思ったからです。

35歳当時、結婚は既にしていたのですが、数年間子供が出来ない時期でした。でも子供が欲しくて夫婦で色んな取り組みをしていく中で、ついに38歳の時に娘が生まれました。

学歴社会の日本では、教育費用を多く掛ければ良い大学へ行くチャンスが増え、その結果良い会社に就職でき、幸せな人生を歩む事が出来る確率が高くなるのが現実です。

どんな高校でも大学でも幸せな人生を歩める人も沢山いるのも知っていますが、ホンネでは「自分の子供には必要十分な教育費を掛けてあげて、少しでも良い大学に入学して欲しい」と思ってしまったのです。

塾にも行けず、予備校にも行けず、行きたい大学へ入学できない我が子をイメージした時、「保険料の無駄遣いがあるか調べて、もし無駄があるなら今の保険を見直して、無駄使いしていたお金を子供の将来の為に貯蓄し、絶対に子供の将来を親が潰さない様にしなければ!」と思ったわけです。

あなたは300万円も損していますか?

この質問に対して、あなたは明確に「No!自分は損なんてしてないよ!」と自信を持って言えますか?

もし自信を持って言えない人は、間違いなく今または将来、あなたの知らないうちに300万円近く損をする事になります。

なぜ保険料で300万円も損をしているのか

この記事を読んでいるあなたは、これから保険に加入しようといているか、もしくは既に生命保険・医療保険に加入していて、毎月それなりの保険料を支払っていると思います。

生命保険文化センターの調査データでは、1世帯あたりの保険料の支払額は年間平均で38万2千円。1ヶ月3万円以上の保険料を支払っているのです。

30年間払い続けた場合、1,146万円の保険料を支払っているのです。

自分が加入している保険の補償内容を口答で言えますか?

そもそも生命保険や医療保険に加入している(しようとしている)あなたは、あなた自身や家族の将来を真剣に考えて保険の事を検討しているとても責任感の強い人だと思います。

しかし、自動車よりも遙かに高額な保険料を支払っているのに、今加入している保険の補償内容を明確に理解している人が非常に少ないのが現状です。

あなたはご自分やご家族の保険の内容をしっかり理解していますか?

もしかしたら、イマイチ良く理解できていないのではないですか?

そうなんです。保険に加入する人の多くが、

  • 知り合いの保険営業に勧められ、断れなくて
  • 親に保険くらい加入しておきなさいと言われたから
  • みんな保険に加入するのは当たり前だし
  • 保険に加入しておけば、何かあった時に安心だから
  • 結婚して、子供も生まれる予定だから

こんな理由で、何となく保険に加入しているのです。

確かに保険は、自分や大切な家族に不測の事態になった時に金銭的な補償をしてくれます。

しかし、掛け捨て保険の保険料は、契約期間が過ぎればお金が1円も戻ってこないので、結果的には支払った保険料の全額を損する事になります。

この掛け捨ての保険料部分をもう少し見直して、今よりも保険料を毎月1万円前後減らせるはずなのです。

あなたも保険に加入する事は、家族の為に必須な選択だけど、心の中では「毎月の保険料が少しでも安くなれば、それに越した事はないんだよねぇ・・」と思っているはずです。

もし毎月1万円の保険料を減らした場合、12万円×30年=360万円が節約できるのです。

補償内容(保険料)を減らす事に不安を感じているあなたへ

保険を見直して、保険料を減らすのは賛成だけど、もし大きな病気やケガをしてしまった時に、十分な補償を受けられなくなってしまわないか不安を抱いているでしょう。

しかし、心配ご無用です。日本の公的な保障制度の実態を理解すれば、不安が解消さると思いますよ。

現在の日本では、健康保険証を持っている人であれば、どんな人でも「高額療養費制度」で医療費をカバーできる仕組みが整っているのです。

さらにサラリーマンの方であれば、「傷病手当金」でお給料の一部を補償してくれる制度もあるのです。

これらの制度の存在を理解できれば、保険会社の特約てんこ盛りのプランに加入する必要性に疑問を感じるはずです。

高額療養費制度とは

1ヶ月の医療費の自己負担額が\80,100を超える場合に使える制度で、\80,100を超えた分からは、なんと自己負担額は1%で済むのです。

自己負担額=80,100円+(総医療費(10割負担全額)-267,000円)×1%

例えば、1ヶ月に100万円の医療費が掛かった場合、この制度を活用すれば、自己負担額は約9万円で済みます。

1ヶ月300万円の医療費が掛かった場合でも、自己負担額は約11万円前後で済むのです。

この自己負担額の基準である\80,100が適用されるのは、年収約370~約770万円の方で、年収別に以下の様に区分されています。

  • 年収約370万円以下:\57,600
  • 年収約370~約770万円:\80,100
  • 年収約770~約1,160万円:\167,400
  • 年収約1,160万円以上:\252,600

年収毎に、自己負担額が上記を超えた場合に、その超えた部分は1%の自己負担で済むようになっているのです。

ちなみにこれは70歳未満の方で、70歳以上の方ですと、別の計算方式で自己負担額が決まります。詳細はこちらの外部リンクを貼っておきます。

傷病手当金(会社員の方限定)とは

健康保険に加入している会社員の方が使える制度で、病気やケガで仕事ができない状態になった場合に、給料の約3分の2が最長で18ヶ月間支給される制度です。

たった2つの方法で300万円の損をSTOP出来ます

私も日本の公的な医療費助成制度の充実度を知った時、今まで生命保険で手厚い補償を受ける為に営業担当者から勧められるまま高額な保険料を支払い続けている事に、強い疑問を感じたのです。

あなたの保険営業担当者の方は、これらの公的医療助成制度について十分な説明を受けましたか?おそらくそのような人は少ないと思います。

これらの助成制度の存在は、保険会社や営業担当者があなたに知って欲しくない情報だからです。

もちろん生命保険や医療保険は必要に応じて加入すべきですが、必要以上に加入する必要は無いと言いたいだけなのです。

そして、あなたもこの記事の内容を知らないままであったなら、人生で300万円以上の掛け捨て保険料をドブに捨てていた事になったかもしれないのです。

今日から、あなたと家族の生命保険や医療保険を見直すキッカケにしてみませんか?

そして無駄になっていた可能性の高い300万円を家族の将来の為に貯蓄していきましょうよ!

私自身は下記の2つの簡単な事から始めただけです。

方法①:書籍やブログを暇な時に5分だけでも読んでみる

保険の知識を得るといっても、いきなり専門用語が並んでいる書籍を読んでも、ちんぷんかんぷんになってしまいます。

まずはパソコンやスマホで、保険関連のサイトやブログをチラ見する事から始めましょう。

一日の中で暇な時間帯5分から10分だけでも、継続していけば必ず保険に関しての気づきがあります。

方法②:保険会社のウェブサイトを5分だけでも見てみる

生命保険会社のウェブサイトを見ると、最近のトレンドの保険商品を知る事が出来ます。

最初は意味が分からない言葉も多いかもしれませんが、繰り返して見ていくと、以前は理解できていなかった言葉や内容が少しずつ理解出来るようになっていきます。

たった5分だけでも、保険会社の商品紹介のページを見るだけで、新たな気づきが生まれてきます。

400万円の損失をストップできた自分が今思う事

先ほどから私が「気づき」という言葉を使っています。

気づきとは、色んな情報を自分から取得していく過程で感じる、「初めての感覚」であったり、「印象に残る言葉や知識」であったり、「初めて考えさせられた事」等を「気づき」と表現しています。

今回の保険に関する事でいえば、気づきを感じない人は、「自分の大切なお金を、今現在も無駄に捨て続けている事」それ自体に気づいていない人の事であり、長い人生の中で大きな損をしている事に気づけていないのです。

人生の中で、向上心を常に持って自己改善できる人は、常に新しい気づきに出会い、人生を向上させています。

私も保険に関する多くの気づきを発見できた事によって、何百万も無駄に捨てている事に初めて気がつけたのです。

皆さんにも、あなた自身や愛する家族の為に保険に関する気づきを増やしてみませんか?

暇な時間を5分使う事を習慣化するだけで、多くの気づきを発見し、それが家族の未来を豊かに出来るのです。

気づきを得る為に、まずは私が始めた誰でも出来る2つの事から初めてみませんか?

  • 書籍やブログを暇な時に5分だけでも読んでみる
  • 保険会社のウェブサイトを5分だけでも見てみる

最初はたったこれだけです。私はここから始めて400万円以上をゴミ箱から取り戻したのです。

Twitterでフォローしよう