運行供用者【損害保険用語】

運行供用者うんこうきょうようしゃとは

自己のために自動車を運行の用に供する人(自動車損害賠償保障法3条)

自動車損害賠償保障法(通称は自賠法)3条の「自己のために」とは、その自動車について運行支配権を有し、かつ運行利益が帰属する事を指します。

具体的な運行供用者とは、自動車の所有者、自動車の貸借人、借用自動車の運転者等です。

なお、運行供用者は自賠法3条によって、自動車の運行によって他人の生命または身体に損害を与えた場合、その損害賠償責任を負っています。

例えば、AさんがBさんに自動車を貸していて、そのBさんが借りている自動車で事故を起こして他人に怪我を負わせてしまった場合、当然Bさんにも賠償責任がありますが、その自動車を貸したAさんにも一定の責任を負う義務が生じます。