運行供用者責任【損害保険用語】

運行供用者責任うんこうきょうようしゃせきにんとは

運行供用者は、自動車事故で他人を死傷させた場合、これによって損害賠償の責任を負わなくてはならないという事の意味を指す

自賠法3条では、運行供用者が以下の3つの条件を全て立証できた時に限り、責任を負わなくてもよいと規定されています。

  1. 自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかった事
  2. 被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があった事
  3. 自動車に構造上の欠陥または機能の障害が無かった事

上記の3つの条件が全て立証された場合には運行供用者は責任を負わなくてもよいとなっています。

これを、無責3条件と呼ばれます。