盗難保険【損害保険用語】

盗難保険とうなんほけんとは

特定収容場所内の動産について生じる盗難危険を補償する保険

特定の建物(場所)に収容中の美術品、宝石、貴金属、現金、有価証券、医療用機器、テレビ、タブレット、スマートフォン、ビデオ、何かしらの商品や営業用什器・備品等、殆ど全ての動産が対象になります。

窃盗または強盗被害の為に、保険の対象が盗取、き損、汚損された事による損害に対して保険金が支払われます。

盗み去られた物の損害だけでなく、事故時や回収時に壊れたり汚れたりしていれば、その部分の損害、および発見、回収の費用も保険金額の範囲内で支払われます。

家財の盗難危険は、住宅総合保険店舗総合保険で補償される事から、この保険の主な契約対象は「企業の商品、原材料、機械器具類等」となります。