特約再保険【損害保険用語】

特約再保険とくやくさいほけんとは

再保険の出再・受再について、出再者(元受保険者)と受再者(再保険者)との間で予め包括的に対象となる契約や、再保険しうる限度額等の引受条件を取り決める方式の再保険契約

出再者・受再者どちらの側も「出再するか」、「受再するか」が任意で出来るのが任意再保険であるのに対して、特約再保険の受再者は、その条件に合致する契約を全て引き受ける義務があり、出再者も原則としては出再する義務を負います。

特約再保険は、出再者と受再者間の責任分担方法の違いによって、比例割合再保険特約非比例割合再保険特約とに大別されます。

まず、比例割合再保険特約では、予め協定した再保険条件に基づいて出再者と受再者間で保険金額をベースとして原契約上の責任額が按分あんぶんされます。

比例割合再保険特約には、出再方法の違いによって色んな種類がありますが、出再者の出再義務の有無の観点から分類すると、「義務再保険特約」と「任意義務再保険特約」とに分けられます。

また、義務再保険特約には、主なものとして「比例再保険特約」と「超過額再保険特約」等が挙げられます。

非比例割合再保険特約の場合は、主に「超過損害額再保険特約」と「超過損害率再保険特約」等に分類されます。