店舗休業保険【損害保険用語】

店舗休業保険てんぽきゅうぎょうほけんとは

小売、卸売、サービス業等の店舗や製造業の作業場が、火災等の事故によって店舗の営業が休止または阻害された為に生じた粗利益の損失を補償する保険

店舗休業保険は、利益保険特約の簡易バージョンとして主に小規模の物件を対象として創設された保険です。

この保険には、保険金額を日額建方式で定める事、保険料を保険料表によって算出する事などの特徴があります。

また、建物や地下街の被保険者が占有していない部分が物損害を受けた結果、それに起因して電気、ガス、水道等の公共施設が被災して営業が阻止された場合にも、損失した粗利益が補償対象になります。

補償の対象となる危険(リスク)は、店舗総合保険とほぼ同じになっています。