対人賠償保険【損害保険用語】

対人賠償保険たいじんばいしょうほけんとは

被保険自動車の所有、使用、管理に起因して、通行人や相手車両に搭乗中の第三者を死傷させたりして、自動車の保有者や運転者等が法律上の損害賠償責任を負担する場合に、その賠償損害に対して保険金を支払う保険

この保険には、「自賠責保険の上乗せ保険」という意味合いがあります。

自動車事故によって他人を死傷させてしまった場合に、その事故について損害賠償責任を負う者が賠償しなければならない損害は、その事故と因果関係のある損害であり、その損害に対して対人賠償保険金が支払われます。

保険金の支払対象となる主な損害としては、被害者が事故によって被った直接的な損害(治療費、入院費、葬祭料、応急手当費等)と、間接的な損害(休業補償、逸失利益、慰謝料等)とがあります。

これらに付随する費用として、損害防止軽減費用求償権保全行使費用救急措置費用争訟費用を加えたものが保険金額の範囲内で支払われます。

ただし、対人賠償保険の保険金が支払われる対象は、他人の傷害や後遺障害、死亡に対する損害賠償についてです。

あくまで他人に対する補償なので、助手席や後部座席に座った友人・知人は対象になりますが、自分や家族(配偶者・父母・子供等)は補償の対象外になります。

なお、重大な過失や法令違反、被保険者の無免許運転、酒気帯び・酒酔い運転および麻薬等の影響を受けた運転については、被害者保護の観点から保険金支払の対象になっています。