対物賠償保険【損害保険用語】

対物賠償保険たいぶつばいしょうほけんとは

被保険自動車の所有、使用、管理に起因して、他人の財物(相手車両や家屋等)に損害を与え、自動車の運転者等が法律上の損害賠償責任を負担する事によって被る損害に対して保険金を支払う保険

被保険自動車とは、被保険者の所有する自動車のうち、予め付保対象として保険証券に記載された自動車を意味します。

また、「所有、使用、管理」は、自動車損害賠償保障法上の「運行」よりも概念が広く、車庫に置いてある時も含まれます。

自動車事故で相手の車・ガードレール・電柱・建物等の他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に、1事故につき保険金額を限度として保険金が支払われます。

また、自動車の修理費、建物の修繕費だけでなく、被害にあった店舗の休業損害等に対しても補償されます。

ただし、他人が対象となるので、対人賠償保険と同じように契約者または被保険者と一定の関係にある者(配偶者・子供・父母等)への賠償については保険金は支払われません。

※被保険者の無免許運転や酒酔い運転等で交通事故を起こした場合は、被害者救済の観点から、自賠責保険や対人賠償保険と同様に保険金の支払い対象となっています。