傷害疾病損害保険契約【損害保険用語】

傷害疾病損害保険契約しょうがいしっぺいそんがいほけんけいやくとは

保険者が、人の傷害疾病によって生じる事のある損害(当該傷害疾病が生じた者が受けるものに限る)をてん補する事を約する損害保険契約保険法2条7号)

傷害疾病損害保険契約は、被保険者が傷害または疾病によって医療費の支出や所得の喪失等の損害を被った場合、損害額に応じて保険金が支払われる保険です。

なお、傷害保険契約または疾病保険契約は、被保険者の傷害または疾病およびそれに起因する死亡を対象とする人保険であり、定額給付型の契約も可能なので、生命保険契約と同等の性質が有ります。

しかし、傷害または疾病の程度に応じて入院費や治療費が具体的に決まるゆえに、損害てん補型の契約も出来るので、損害保険契約とも共通する事から、保険法では傷害疾病損害保険と傷害疾病定額保険の両方を規定しています。(傷害疾病損害保険は34条と35条、傷害疾病定額保険は66条から94条に明記