損害保険契約者保護機構【損害保険用語】

損害保険契約者保護機構そんがいほけんけいやくしゃほごきこうとは

損害保険会社が経営破綻した場合に備え、保険業法に基づいて1998年12月1日に設立・事業開始した法人

損害保険契約者保護機構は、日本国内において損害保険業を営む免許を受けた損害保険会社が全て加入していて、加入損害保険会社の補償対象契約の保険契約者等が補償の対象になります。

ただし、共済および少額短期保険業者の取扱商品は、保護機構の補償対象外となっています。

この保護機構は、破綻保険会社の保険契約の移転等を受け入れる救済保険会社に対して資金援助を行うほか、以下の場合にも資金援助を行います。

  1. 保険契約の承継(破綻保険会社から承継保険会社への契約移転等)
  2. 保険契約の再承継(承継保険会社から他の保険会社等への契約移転等)
  3. 保険契約の再移転(保護機構から他の保険会社への契約移転)

また、救済保険会社が現れる見込みがない時は、保護機構自身が保険契約の引受けを行うほか、保護機構が子会社として承継保険会社を設立する事によって、保険契約の継続を図ります。

さらに、会員損害保険会社が一時的な資金事情により保険金等の支払を停止するおそれがある時は、当該会員に対して資金の貸し付けを行う事が出来ます。

なお、損害保険会社が破綻した場合、自賠責保険地震保険では保険金解約返戻金等の100%が保護機構によって補償されます。