遡及保険【損害保険用語】

遡及保険そきゅうほけんとは

保険契約の申込みの時、または締結の時より前に発生した保険事故や給付事由に基づき保険給付を行う旨を定めた保険契約の事

一般的な保険では、保険期間は保険契約締結後に開始するのですが、この遡及保険は保険期間の開始時を「保険契約締結時より前の時点に遡って危険を負担する保険」の事です。

保険法5条1項では、「損害保険契約を締結する前に発生した保険事故による損害をてん補する旨の定めは、保険契約者が当該損害保険契約の申込み又はその承諾をした時において、当該保険契約者又は被保険者が既に保険事故が発生している事を知っていた時は、無効とする」と規定されています。