生産物賠償責任保険【損害保険用語】

生産物賠償責任保険せいさんぶつばいしょうせきにんほけんとは

被保険者が製造・販売もしくは提供した商品等が、他人に引き渡された後に、その品質・取扱等に伴って生じた事故による他人の身体の障害または財物の損壊について、法律上の損害賠償責任を負担する事によって被る損害に対して保険金を支払う保険

生産物賠償責任保険は、各種の商品・製品の欠陥等による賠償責任、あるいは作業の結果に起因する賠償責任を対象とする保険です。

この保険の契約対象は、飲食物製造業者各種器具メーカー飲食店スーパーマーケットデパート百貨店等、製品の流通に関する様々な業者や、機械据付工事業者電気工事業者土木・建築業者ガス管設置工事業者機械修理工事業者等です。

保険金として支払われるケースとしては、例えば食料品店で製造・販売した食料品が腐っていた為に購入したお客様が食中毒を起こした場合、あるいは製造・販売したガス器具に欠陥があった為に、購入・使用していたお客様が事故を起こして怪我をしてしまった場合等です。

さらにこの保険では、被保険者の作業が完了するか放棄された後に、その作業の結果について生じる事故による他人の身体の障害または財物の損壊について、法律上の損害賠償責任を負担する事によって被る損害に対しても保険金が支払われます。

なお、1995年7月1日に施行された製造物責任法(PL法)によって、製品事故が発生した場合には、事業者の過失の有無に関係なく損害賠償責任を追及できる様になったので、メーカー等からこの保険の需要が高くなっています。