再保険【損害保険用語】

再保険さいほけんとは

保険者が個人や企業等の保険契約者から引き受けた保険責任の全部、または一部を他の保険者に転嫁する仕組み

再保険は、分かりやすく言うと「保険の保険」というイメージで考えると分かりやすく、保険者が掛ける二度目の保険になります。

これに対して最初の保険を元受保険といい、元受保険者が再保険に出す行為を出再保険といいます。

一方で、再保険者が再保険を受ける事を受再保険といいます。

また、再保険を引き受けた保険者がその危険にさらに保険を付ける事があり、これを再々保険と表現します。

特に大数の法則が働きにくい前例の無い様な巨大リスクは、一保険者のみでは経営上のリスクが大きく、不安定要因になるので引受が難しい面があります。

その様な場合にこの再保険の仕組みを活用すれば、巨大リスクの引受が可能になるわけです。

再保険は、保険者が安定した経営を行っていくうえで大きな役割を果たしています。

元受保険のうち、特に事故発生率の高い契約や巨額引受契約の一部としての一定割合(一定金額)を他の保険者に付保(要するに再保険)してリスクの分散を図るのが再保険の主な目的なのです。

再保険の形態は、契約手続き面から任意再保険特約再保険とに大別されます。

また、責任分担方式という観点から見た時、比例割合再保険非比例割合再保険とに分類されます。

その他に危険の分散・平準化を効率的に図る為の共同再保険である再保険プールもあります。

これらは再保険の目的に応じてさまざまに組み合わせて運用され、実務上は多くの再保険取引が行われています。

生命保険会社も、引き受けた生命保険契約の一部または全部を他の保険者に引き受けてもらう生命再保険によって、危険(リスク)の分散を図っています。