労働災害総合保険【損害保険用語】

労働災害総合保険ろうどうさいがいそうごうほけんとは

政府労災保険(労働者災害補償保険)等の上乗せとして位置づけられる保険で、従業員が労災事故によって政府労災保険等の災害補償の対象となる身体障害を被った場合において、事業主が法定給付の上乗せ補償(法定外補償)を行う事によって被る損害、および使用者として法律上の損害賠償責任(使用者賠償責任)を負担する事によって被る損害を総合的に補償する保険

法定外補償契約は、業務上災害を被った被用者やその遺族に対して、企業が保険会社と契約時に協定した「補償給付金額」を、企業の過失の有無にかかわらず保険金として支払う契約の事です。

使用者賠償責任契約は、業務上災害を被った被用者が、政府労災保険災害補償規定等からの補償では満足できずに、企業に対して被用者やその遺族から賠償請求があり、その結果として企業が「民事上の損害賠償責任」を負担した場合に被った損害を保険金として支払う契約の事です。

なお、契約方式によって、法定外補償契約または使用者賠償責任契約どちらか一方の損害のみを補償する事も可能です。

※この労働災害総合保険を積立型にした「積立労働災害保険」もあります。