列挙責任主義【損害保険用語】

列挙責任主義れっきょせきにんしゅぎとは

保険契約上、保険者の負担する危険が保険約款に列挙されており、列挙された一定の危険のみを保険者が負担するという危険負担原則のこと

別名で「限定責任主義」とも呼ばれ、損害が発生した場合、被保険者それが列挙された危険によって生じた事を立証する必要があります。

これに対して、保険者の負担する様々な危険一切を包括的に規定する方式を「包括責任主義」と呼びます。