ポリシー・イヤー・ベイシス【損害保険用語】

ポリシー・イヤー・ベイシスとは

損害率算出の手法のひとつで、ある年度に引き受けた契約の保険料合計に対して、その契約について発生した保険金の比率を求める方式

別名で「引受年度別計算」とも呼ばれていて、アカウント・イヤー・ベイシスと反対の意味で用いられます。

この方式の特徴は、当期間に引き受けた保険契約について、その後の保険金支払額の合計を集計して損害率を計算したもので、正確な引受成績を示す事が可能な事です。