年金払積立傷害保険【損害保険用語】

年金払積立傷害保険ねんきんばらいつみたてしょうがいほけんとは

保険期間中の傷害による死亡・重度後遺障害を補償するとともに、保険期間の途中から、毎年予め決められている金額の年金(給付金)を支払う積立保険

この保険は、被保険者が働き盛りの間に保険料を積み立てて、老後に給付金を年金払で受け取る損保型個人年金商品です。

年金払のタイプは、給付金支払期間中、被保険者の生死に関係なく給付金が支払われる「確定型」と、給付金支払期間を保証期間と非保証期間とに分けて、保証期間中については、被保険者が生存し保険契約が有効である場合に限り給付金が支払われる「保証期間付有期型」の2種類があります。

※一般的には、上記の2つを比較すると確定型の方が多いです。