ライプニッツ方式【損害保険用語】

ライプニッツ方式ほうしきとは

事故によって死亡または後遺障害が残った被害者の逸失利益計算方式の一種で、逸失利益額の中間利息を複利法によって控除する方式

将来の逸失利益を弁済期間の到来を待たずに現在一時に支払う場合には、利息相当分を被害者が不当に利得する事を防止する為、中間利息を控除する必要が出てきますが、ライプニッツ方式は複利法によって利息を控除します。

要するに、1年毎に利息を元本に入れていくものとして逸失利益の現価を算出する方式になります。

ライプニッツ方式は、「中間利息を単利法によって控除するホフマン方式だと中間利息の控除が少なく、被害者に有利過ぎる欠点を持つ」ところから考案された方式です。

例えば自賠責保険の支払基準では、このライプニッツ方式が採用されています。