共同保険【損害保険用語】

共同保険きょうどうほけんとは

同一の被保険利益について、複数の保険者が共同して危険負担責任を引き受けること

保険価額が巨額な場合、危険(リスク)の分散という観点から共同保険が行われる場合が多いです。

この場合、各保険会社は各引受割合について権利を有し、義務を負うのであって、連帯責任は負いません。

普通は幹事会社が契約締結、証券発行、保険料の徴収と分配、損害査定保険金支払の手続きを行います。

共同保険というのは、再保険と同じように複数の保険会社間で危険を分散する方法なので、再保険が危険の縦の分散であるのに対し、共同保険は危険の横の分散という概念が成立します。