金融機関包括補償保険【損害保険用語】

金融機関包括補償保険きんゆうきかんほうかつほしょうほけんとは

金融機関を被保険者とし、その業務に関連して発生する各種危険を包括的に補償する保険

金融機関包括補償保険は具体例として、以下の様な状況になってしまった時に補償されます。

  1. 現金・有価証券等に生じた窃盗、強盗、火災その他偶然な事故
  2. 偽造・変造による損害
  3. 窃盗、強盗の際に生じた施設・造作・什器・備品等の損害
  4. 従業員の窃盗、強盗、詐欺、横領または背任行為に起因する損害
  5. サイバー犯罪等の第三者が行った電子機器犯罪による損害等

金融機関が上記の様なケースで損害を被った時に、この金融機関包括補償保険が適用されます。