建設工事保険【損害保険用語】

建設工事保険けんせつこうじほけんとは

建物の新築・増築・改築工事を対象とし、(純粋の土木工事、鋼構造物主体の組立工事は対象外)建築工事中の不測かつ突発的な事故による保険の目的(工事目的物、工事用材料等)に生じた損害に対して保険金を支払う保険

建設工事保険の対象は原則として、ビル、工場建物および住宅等の建物の建築工事を主体とする工事になります。

保険契約者は、発注者や受注者(請負業者)等の工事関係者で、被保険者は保険の目的の所有者になります。

また、特約によって火災による損害や第三者に対する法律上の損害賠償責任を負担した場合の損害に対しても保険金が支払われます。