過失相殺【損害保険用語】

過失相殺かしつそうさいとは

被害者にも過失がある場合、被害者側の過失部分を加害者の負担すべき損害賠償額から差し引くこと

過失相殺は、民法の722条2項に規定されています。

もし被害者側にも過失がある場合は、公平の見地から加害者に全ての損害を負担させる事は適正ではなく、損害賠償額を決定する時に被害者側の過失の程度に応じて、過失割合相当額を損害額から差し引く事が一般的になっています。

どの程度の割合かはケースバイケースで、状況によって全く異なります。