確定拠出年金傷害保険【損害保険用語】

確定拠出年金傷害保険かくていきょしゅつねんきんしょうがいほけんとは

確定拠出年金法において、元本確保型の運用商品として認められている、確定拠出年金制度専用の積立型の傷害保険

この保険の保険契約者は、企業型の場合は確定拠出年金の資産管理機関が、個人型の場合は国民年金基金連合会から委託を受けた事務委託先金融機関が、被保険者は運用商品に運用指図を行う加入者等になります。

加入者等が急激かつ偶然な外来の事故によって身体に障害を被り、その直接の結果として死亡した場合に保険金が支払われます。