海上保険【損害保険用語】

海上保険かいじょうほけんとは

沈没、座礁、転覆、座州、火災、衝突等の海上危険によって生じる損害に対して保険金を支払う保険

海上保険は、船舶を対象とする船舶保険と貨物を対象とする貨物保険に大別されます。

海上危険の発生によって生じる損害は、船舶や貨物の物的損害の他に、船主(船舶所有者)の運送賃請求権の様な権利、船費の様な回収を予定した支出、荷主(貨物の所有者)の希望利益の様に期待した収益等の積極財産に関する損害と、損害防止費用の支出や、船主の衝突損害賠償責任の負担等の消極財産に関する損害とがあります。

海上保険の主な契約者は、海上運送事業を営む海運業者や貿易業者が多く、代表的な企業保険の一つとなっています。