住宅火災保険【損害保険用語】

住宅火災保険じゅうたくかさいほけんとは

住居専用建物と、その建物に収容される家財を対象とする火災保険

火災、落雷、破裂・爆発、消防活動による水濡れ、風災、ひょう災・雪災による損害の他、臨時費用・残存物取片づけ費用・失火見舞費用・地震火災費用等が保険金として支払われます。

竜巻や突風による倒壊等の損害は風災補償でカバーされますが、水災や盗難等の場合は補償の対象外になります。

地震火災費用とは、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で、保険の対象が建物である場合は建物が半焼以上の時、保険の対象が家財である場合は家財を収容する建物が半焼以上となった時、または家財が全焼の時で、その時は火災保険金額の5%(1事故1敷地内300万円まで)が支払われます。

ただし、倒壊や津波による損害は補償されず、地震等による火災が原因の損害のみが補償されます。

現在では、個人の火災保険は複数の補償の保険の中から希望する補償を選ぶ事が出来る「住まいの保険」が多く販売されています。

※補償内容等は保険会社によって違います。