住宅総合保険【損害保険用語】

住宅総合保険じゅうたくそうごうほけんとは

住居専用建物と、その建物に収容される家財を対象として、これにかかる危険を総合的に補償する保険

火災、落雷、破裂・爆発等の住宅火災保険の対象になる損害に加えて、自動車の飛び込みや航空機の墜落等、建物の外からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊、給排水設備の事故または他の戸室で生じた事故による水漏れ、騒擾(そうじょう)やこれに類似した暴力行為、盗難、水災(一定割合補償)、持ち出し家財(旅行や買い物等の為に一時的に持ち出された家財)の損害に対して保険金が支払われます。

さらに損害発生に伴い臨時に発生する費用、残存物取片づけ費用、隣家を類焼した場合の見舞金費用等に対しても保険金が支払われます。

なお、台風や集中豪雨等によって発生した洪水、高潮、土砂崩れ、河川の氾濫等の水害によって建物や家財が損害を被った場合は、住宅火災保険普通火災保険では保険金が支払われないので、住宅総合保険等の総合保険に加入しておく必要があるのです。

また、交通傷害補償特約個人賠償責任補償特約借家人賠償責任補償特約なども付加する事も可能です。