地震保険に関する法律【損害保険用語】

地震保険に関する法律じしんほけんにかんするほうりつとは

地震保険について定めた法律のこと。「地震保険法」ともいう。

この法律は、住宅および家財について保険会社が引き受けた地震保険の支払責任を、政府が一定の条件により再保険として引き受ける事によって地震保険の普及を図り、地震等による被災者の生活の安定に寄与する事を目的として制定されました。

そもそも日本の地震保険制度創設の直接のキッカケとなったのは、1964年6月に新潟県で発生した「新潟地震」です。

この新潟地震の後、政府と損害保険業界とで地震保険制度の導入を検討した結果、1966年5月に「地震保険に関する法律」が施行され、この法律に基づいて地震保険制度が発足したのです。

さらに当時の損害保険会社20社の共同出資によって、「日本地震再保険株式会社」も設立されました。