地震保険【損害保険用語】

地震保険じしんほけんとは

地震、噴火またはこれらによる津波によって、火災、損壊、埋没または流失による損害に対して保険金を支払う保険

現在では、居住用の建物または家財の火災保険には地震保険を付帯して契約するのが原則になっています。

保険金額は、「火災保険契約の保険金額の3割から5割相当額の範囲内で契約者が任意に選択した額を保険金額として定める」事が出来ます。

ただし、他の地震保険契約を含めて建物が5000万円、家財は1000万円が限度額になります。

建物については全損・半損または一部損、家財については全損またはこれを収容する建物が全損・半損もしくは一部損になった時に保険金が支払われます。

例えば地震によって建物が壊れたり、火災が発生したために建物や家財が損害を受けた場合や、地震によって津波が来襲して建物や家財が流されたり埋没してしまったような場合等に保険金が支払われます。

なお、支払保険金の総額が巨額になり、一定の限度額(7兆円)を超える場合には、支払保険金は削減されます。

地震保険は、1966年5月に制定されてまもなく施行された「地震保険に関する法律」に基づき、政府再保険を背景として実施されたものです。

さらに、建物の免震・耐震性能に応じた割引制度が4種類(免震建築物割引・耐震等級割引・耐震診断割引・建築年割引)あるのですが、重複適用できない事と、割引の適用を受けるには所定の書類を提出する必要があります。

なお、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の3割から5割の範囲内で決められるのですが、一部の保険会社では「地震危険等上乗せ補償特約」という特約で地震保険と会わせて最大で損害額の100%を補償する事が可能になります。

他にも「地震火災特約」等を付保する事で、地震等による火災補償の上乗せをする事が可能な商品が販売されています。