人身傷害(補償)保険【損害保険用語】

人身傷害(補償)保険じんしんしょうがい(ほしょう)ほけんとは

被保険者が、被保険自動車や他車両に搭乗中、あるいは歩行中に事故で死傷し、または後遺症を被った場合に、過失割合に関係なく、約款によって定められた支払基準により算定された損害額に対して保険金を支払う保険

人身傷害(補償)保険は、相手がいる事故・単独事故に関係なく、保険金額を限度として実際に掛かった治療費、休業損害等の損害額全額が支払われる「実損払い」の傷害保険です。

この制度を保険商品の特約として取り扱っている保険会社もあります。

補償の対象となるのは、自動車保険加入者本人やその家族が含まれます。

なお、既に相手方から自賠責保険や損害賠償金等を受け取っている場合には、保険約款に基づいて算出された実際の損害額から、それらを控除した額が保険金額を限度として支払われます。

なお、従来の自動車保険では、自分や同乗者が死傷した場合の補償に対して、搭乗者傷害保険自損事故保険無保険車傷害保険という3つの保険があったのですが、現在の自動車保険は、この人身傷害(補償)保険でこれら全ての補償をカバーしています。