自家保険【損害保険用語】

自家保険じかほけんとは

多数の船舶を所有する船会社や多数の工場を所有する大手メーカーのように、大規模な企業等が大数の法則を利用して、自己の経済の中で、保険料に相当する準備金の積立てを行う制度

自家保険は、多数経済体の結合が無いので、保険のカテゴリではなく貯蓄の一種といえます。

将来の為に積み立てる」という考え方だからです。

したがって、保険料を支払う必要はないですが、危険分散(リスク分散)が十分にカバーできないので、早期の事故や予想外の大損害に対処するのが難しい保険だと思います。