自動車損害賠償責任保険【損害保険用語】

自動車損害賠償責任保険じどうしゃそんがいばいしょうせきにんほけんとは

被保険者(自動車の保有者と運転者)が自動車の運行によって他人の生命または身体を害し、法律上の損害賠償責任を負担する事になった場合の被保険者の損害に対して保険金を支払う保険。別名で「自賠責保険」と呼ばれる。

自賠責保険は、自動車、バイク(二輪自動車、原動機付自転車)を運行する場合に、法律(自動車損害賠償保障法、通称は自賠法)によって加入が義務付けられている強制保険です。

自賠責保険で補償されるのは、交通事故等で他人を死亡させたり、負傷させたりした人身事故の場合で、相手への損害賠償に対して保険金が支払われます

したがって、運転者自身の負傷や自動車の修理代、単独の人身事故(電柱に衝突して自分が負傷した等)、物の損害等には保険金が支払われません。

死傷者1名あたりの保険金額(支払限度額)は、死亡による損害で最高3,000万円、死亡に至るまでの傷害による損害で最高120万円、後遺障害による損害は程度によって75万円から最高4,000万円まで補償されます。(自賠法施行令2条

保険金額(支払限度額)は被害者1名あたりのものであって、1事故あたりの限度額は原則ありません。

また、加害車両が複数の場合は、それぞれの車について被害者1名につき、上記の保険金額(支払限度額)が適用されます。

なお、保険期間中に何回事故を起こしても、上記保険金額が変更になったり減額になる事はありません。

自賠責保険では、被害者救済の観点から被保険者が無免許運転・酒酔い運転等で交通事故を起こした場合でも、被害者に対して保険金支払の対象になっています。

さらに強制保険である自賠責保険によっても、なお救済されない「ひき逃げ事故」や、「自賠責保険無保険車による事故」の被害者に対しては、自賠法の71条と72条によって政府の自動車損害賠償保障事業(政府保障事業)の制度が設けられていて、自賠責保険とほぼ同じ内容の補償が行われます。