自動車損害賠償保障法【損害保険用語】

自動車損害賠償保障法じどうしゃそんがいばいしょうほしょうほうとは

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)について定めた法律のことで、別名「自賠法」と呼ばれる

自賠責保険は、自動車事故による人身損害に関する損害賠償を保障する制度を確立して被害者の保護を図り、それに合わせて自動車運送の健全な発達に役立つ事を目的として1955年に制定されました。

自動車人身事故の加害者の賠償資力を確保する為に、特殊な例外を除いて全ての自動車保有者に対して自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)または自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)の契約締結を強制しています。