普通火災保険【損害保険用語】

普通火災保険ふつうかさいほけんとは

住宅および一定条件の店舗兼住宅を除く、店舗、倉庫、工場等の建物およびその建物に収容されている動産を対象とする火災保険

普通火災保険には大きく分けて、一般物件用工場物件用倉庫物件用の3種類あります。

一般物件用

店舗、事務所等の建物や、その収容動産等が対象になります。補償内容は住宅火災保険とほぼ同じ内容です。

工場物件用

これは大規模な工場が対象となります。

火災、落雷、破裂・爆発、風・ひょう・雪災、航空機の墜落・車両の衝突、水濡れ、騒擾そうじょう(集団による暴力行為等)・労働争議に伴う暴力行為による損害に対して保険金が支払われます。

倉庫物件用

倉庫業者の営業倉庫および保険貨物が対象になります。

火災、落雷、破裂・爆発による損害を補償します。