包括責任主義【損害保険用語】

包括責任主義ほうかつせきにんしゅぎとは

保険契約上、保険者の負担する危険を具体的に列挙せずに、免責危険に該当しない限り「全ての危険によって生じた損害を負担する」という危険負担原則の事

包括責任主義のもとでは、被保険者被保険利益が損害を被った事を立証すればよく、特定の担保危険が発生した事を立証する必要はありません。

保険者の負担する危険を一つ一つ列挙する列挙責任主義に対応する保険用語といえます。