保険の目的【損害保険用語】

保険ほけん目的もくてきとは

保険事故が発生した時に保険金が支払われる補償の対象

火災保険での建物や家財」、「自動車保険での自動車」、「船舶保険での船体」、「貨物保険での貨物」等が保険の目的になります。

これに対して保険契約の目的は、損害保険契約における被保険利益の事を指し(保険法3条)、保険の目的とは異なります。

保険事故の発生によって保険の目的に損害が生じ、保険に付けられた被保険利益に実質的な損害が生じる事になります。

最近では、分かりやすさの観点から、保険の目的の事を「保険の対象」、「補償の対象」という表現が多く使われています。