ホフマン方式【損害保険用語】

ホフマン方式ほうしきとは

事故によって死亡または後遺障害が残った被害者の逸失利益計算方法の一種で、逸失利益額の中間利息を単利法によって控除する方式

将来の逸失利益を弁済期間の到来を待たずに現在一時に支払う場合には、利息相当分を被害者が不当に利得する事を防止する為に、中間利息を控除する必要がありますが、この控除の方法にホフマン方式とライプニッツ方式とがあり、広く用いられています。

ホフマン方式は、単利法によって利息を控除する方法ですが、新旧2種類の方式があり、旧ホフマン方式では弁済期間中の利息をまとめて控除する方法を採用していますが、新ホフマン方式では弁済期毎に控除する方法を採用しています。

新ホフマン方式の方が控除される額が少額なので、賠償請求者(被害者)側にとって有利になります。

新旧どちらのホフマン方式を採用するかは、事例の内容や裁判所の判断によって異なります。