比例再保険特約【損害保険用語】

比例再保険特約ひれいさいほけんとくやくとは

出再者と受再者との間の責任分担の割合を予め約定しておき、対象となる全ての原契約(元受契約)について、この約定した割合に見合う責任を再保険として「受再者が必ず引き受ける義務」のある再保険契約

比例再保険特約は、比例割合再保険特約の基本ともいうべき再保険形態です。

この比例再保険特約においては、保有又は出再割合とともに、通常一契約あたりの最高限度額または出再限度額も予め約定されます。

出再者は、この特約の設定にあたって保有保険料の確保と十分な再保険キャパシティ(引受能力)の確保を考慮しつつ、受再者と協議のうえで出再割合や出再限度額を決定していきます。

※実務の場面では、この比例再保険特約の事を「クォータ・シェア特約」と呼ばれています。