非比例割合再保険【損害保険用語】

非比例割合再保険ひひれいわりあいさいほけんとは

再保険の引受額の割合に応じて保険料保険金等を分担し合う比例割合再保険とは異なり、出再者・受再者間で別途に約定した条件に基づき、受再者が責任を負う形態

例えば、1回の事故による損害額が一定の金額を超えた場合、一定の金額までを出再者が負担し、それを超えた損害額を予め定めた限度額まで受再者が負担するといった再保険形態がそのひとつです。

上記の場合、再保険料は元受保険料とは直接関係なく受再者との間で取り決められます。

非比例割合再保険は、比例割合再保険の様に「出再者と受再者について保険料の分配割合と保険金の支払い割合が同じ」ではないので、逆の意味で「非比例割合再保険」と呼ばれます。

この非比例割合再保険は、別名で「非比例再保険」、「非割合再保険」、「ノンプロポーショナル再保険」とも呼ばれます。