漁業共済【損害保険用語】

漁業共済ぎょぎょうきょうさいとは

漁業災害補償法を根拠法として、共同の理念に基づく漁業者の「相互救済の精神」を基調とし、漁業者が不漁に見舞われる事や自然災害時等によって損害を被った時などに、保険(共済)の仕組みによってその損失を補填する制度

漁業共済制度は、中小漁業者の営む漁業について、異常の事象または不慮の事故によって受ける損失を補填し、漁業再生産の阻害の防止および漁業経営の安定に寄与する事を目的としています。(漁業災害補償法1条

国は漁業災害補償制度の安定化を図る為に、漁業共済団体が行う事業の保険事業を行っています。

漁業共済の種類には、漁獲共済養殖共済特定養殖共済漁業施設共済等があります。