現実全損【損害保険用語】

現実全損げんじつぜんそんとは

保険の目的が完全に破壊されたり減失して被保険利益が全部消滅する時、また、保険の目的自体は存在するが、保険につけられた種類の物としての性質を失って被保険利益が消滅する事を意味します。