急激かつ偶然な外来の事故【損害保険用語】

急激かつ偶然な外来の事故きゅうげきかつぐうぜんながいらいのじことは

身体の外部から偶発的な衝動を受ける事で、傷害保険の対象となる事故

傷害保険で保険者の負担する危険は、被保険者が「急激かつ偶然な外来の事故」によって、その身体に被る傷害事故の事を指します。

急激な事故」とは、自動車の衝突事故等の様に突発的なものをいいます。

また、「偶然な事故」とは、事故の発生が偶然で予知できない事故の事を指し、「外来の事故」とは、身体の外部からの作用による事故の意味になります。

これらの条件を満た事故としては、交通事故、骨折、火災・爆発事故、転倒、運動中の打撲、作業中の事故等が該当します。