団体長期障害所得補償保険【損害保険用語】

団体長期障害所得補償保険だんたいちょうきしょうがいしょとくほしょうほけんとは

企業在職中に傷害や病気によって働けなくなった場合に、収入の一部を補償する保険

この団体長期障害所得補償保険は、別名でGLTB(Group Long Term Disability)とも呼ばれます。

企業が契約者となって、休業補償制度を補完する福利厚生制度として導入されるケースが多く、従業員が上乗せ補償を任意で契約する方式も存在します。

保険期間は1年ですが、てん補期間を5年間にまたは60歳までと定めると、就業不能の状態が続く限り、てん補期間まで保険金が支払われます。

特約を付加する事で精神障害も補償の対象にする事が可能です。