会社役員賠償責任保険(D&O保険)【損害保険用語】

会社役員賠償責任保険かいしゃやくいんばいしょうせきにんほけん(D&O保険)(ディー・アンド・オーほけん)とは

会社の役員としての業務につき行った行為に起因して、保険期間中に損害賠償請求がなされた事によって、役員が負担すべきとされる法律上の損害賠償金および争訟費用(弁護士費用や手続きに掛かった費用等)を補償する保険

別名D&O保険とも呼ばれていて、以下の様な特徴があります。

  1. 保険契約者は通常は会社であり、被保険者として対象となる役員の範囲は広く、加入する会社の全役員が対象になる他、子会社(海外子会社も含む)の役員を対象に含める事も可能になっている
  2. 海外の株主、取引先、従業員等からの損害賠償請求も対象になる等、保険の適用地域は原則として全世界にわたる
  3. 損害賠償金だけでなく、弁護士費用等の争訟費用についても保険金が支払われる

D&O保険は、主に株主代表訴訟リスク対策として上場企業を中心に販売されていますが、近年では特約の新設によって株主代表訴訟以外の様々なリスクに対応出来るように補償内容を拡大している保険会社もあります。

なお、D&O保険はその性質上、以下のケースの場合に保険金支払の責任が免責されます。

  • 私的な利益や便宜供与を違法に得た事に起因する場合
  • 不誠実行為や犯罪行為に起因する場合
  • 株主の事前の承認を得ないで被保険者に違法に報酬が支払われた事に起因する場合
  • インサイダー取引による利益に起因する場合
  • 政治団体、公務員、取引先の役員等に対する金銭・恩典に起因する場合