貿易保険【損害保険用語】

貿易保険ぼうえきほけんとは

輸出入貿易や仲介貿易、海外投資等の対外取引において発生するリスクのうち、通常の民間の損害保険等では救済する事の出来ない危険(リスク)を補償する保険

貿易保険は「独立行政法人日本貿易保険」によって運営されています。

補償される危険は、関係国の為替取引の制限・禁止、関税引き上げ、輸入の制限・禁止、戦争、革命等の非常危険と、取引相手方の支払遅延や倒産等の信用危険があります。

非常危険と信用危険が違う点は、非常危険が契約当事者の責任ではない不可抗力的なリスクであるのに対して、信用危険は海外の契約相手方の責任に帰せられるリスクである事です。

日本貿易保険が運営している貿易保険には、貿易取引の保険(貿易一般保険輸出手形保険貿易代金貸付保険)と、投資・融資の保険(海外投資保険海外事業資金貸付保険等)があります。

なお、海上保険は貿易取引において、輸送中の貨物の破損、毀損等の損害をてん補しますが、貿易保険は貿易取引において「輸出が出来ない」、「代金回収が出来ない」という様な取引のリスクを対象としたものであり、海上保険を「物に対する保険」、貿易保険を「取引に対する保険」とも呼びます。