猶予期間【生命保険用語】

猶予期間ゆうよきかんとは

保険料払込期日後でも保険料の払込みが有効になる一定の期間

保険契約というのは長期的なものが多いので、保険契約者の一時的事情によって払込みが困難な事態が生じる可能性が出てきます。

この様な場合、払込期日経過後、一定期間の猶予期間というのが約款で認められています。

猶予期間に関しては、月払契約の場合は「払込期月の翌月1日から末日まで」、半年払年払契約の場合は「払込期日の翌月1日から翌々月の契約応当日まで」と決められています。

猶予期間中に保険料が払い込まれない場合には、保険料の自動振替貸付が行われます。

自動振替貸付制度の無い場合や積立金が少ない場合は、将来に向かって失効してしまいます。

また、天災など災害救助法の適用を受けられる事変などで、契約者が支払が出来ない場合は、事業方法書で相当の期間(約6ヶ月)の猶予が認められています。

猶予期間中の保険事故については、保険会社が支払の責任に応じ、支払保険金等から未払いの保険料を差し引く事が出来るように約款に定められているのが一般的です。