予定利率【生命保険用語】

予定利率よていりりつとは

保険料を算定する3つの要素(予定死亡率、予定利率、予定事業費率)のひとつ

保険料の一部は、将来支払われる保険金に積み立てられ運用されます。

そこで、あらかじめ一定の運用収益を見込んで、その分だけ保険料を割り引く事をします。

このあらかじめ見込んだ資産運用の利率の事を予定利率といいます。

予定利率は、高く見込めばそれだけ保険料を安くする事が出来ますが、一度決定した予定利率は、その契約が終了するまで維持しなければなりません。

したがって、予定利率は安全性・確実性を見込んで慎重に決定されます。

なお、損害保険では積立型の保険で所定の満期返戻金の支払いの為、保険料に含まれる積立保険料を払戻積立金として運用する為に、あらかじめ決められた利率をいいます。

仮に予定利率を超えて運用成果が出れば、その超えた部分は契約者配当として、契約者に還元されます。