特定保険契約【生命保険用語】

特定保険契約とくていほけんけいやくとは

金融商品取引法の行為規制の一部が準用される、市場リスクを有する生命保険契約

保険業法300条の2において、「特定保険契約」と規定されている保険です。

具体的には、変額保険変額年金保険外貨建て保険MVA機能を有する保険などがこれに該当します。

MVAとは、市場価格調整の事で、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金等の額に反映される仕組みの事です。

この特定保険契約の販売・勧誘については、顧客の知識、経験、財産の状況および特定保険契約を締結する目的を的確に把握したうえで、顧客属性等に則した適正な販売・勧誘の履行を確保する事が大切です。