定期保険【生命保険用語】

定期保険ていきほけんとは

ある一定の期間中に死亡した場合に限り、死亡保険金が支払われる死亡保険

保険期間を5年、10年などと定め、その契約期間中に被保険者が死亡した場合のみ保険金が支払われます。

保険期間満了時まで生存していた場合には、保険金は支払われないで契約は消滅します。

満期保険金は無いので、契約期間中に支払った保険料は掛け捨てになります。

定期というのは、銀行の「定期預金」の様な貯蓄商品ではなく、「期間を定めて契約をする」という意味合いになります。

保険料払込期間と保険期間が同一の全期払いが大部分になります。

保険金額定額保険なので、保険期間を通じて一定のものが多いですが、インフレ率に応じて増加する物価指数定期保険や、一定期間毎決められた率によって増減する逓増定期保険逓減定期保険などもあります。

定期保険の最大の特徴といえば、同一の死亡保険金額の他の保険商品に比べて、最も安い保険料で加入できる事です。

そのかわり、掛け捨てなので、契約期間中に死亡しなかった場合は、今まで支払ってきた保険料は完全に無駄になってしまうのがデメリットになります。