相殺配当(相殺方法)【生命保険用語】

相殺配当(相殺方法)そうさいはいとう(そうさいほうほう)とは

配当金の支払方法のひとつで、配当金と保険料を相殺する方法

相殺配当(相殺方法)は、契約応当日に始まる保険年度について、配当金を保険料払込回数に等分して毎回の保険料に充当する方法の事です。

もし配当金が保険料を上回る場合は、その上回る部分について現金払か、利息を付けて積み立てます。