相互扶助【生命保険用語】

相互扶助そうごふじょとは

「1人は1万人のために、万人は1人のために」という精神

生命保険の仕組みの基礎がこの考え方です。

大勢の人々が、少しずつのお金を出しあって大きな共有の準備資産をつくり、仲間に万が一の事があった場合にその中から仲間の家族にまとまったお金を出して、経済的に助け合う事を相互扶助といいます。